June 2024

先月へ

123456789101112131415161718192021222324252627282930

次月へ

2015.01.06

もも子 と ナベ のランチレポート(Cafe MaRe さんの巻) by ナベさん [グルメ]

※この取材は2014年12月18日に行われたものです。

それは「くちこみ探偵団 事務所」でのぼやきから始まった。

もも子:なーんか最近、記事に面白さが欠けてきたわね…
な べ:そーっすねー…
もも子:「そーっすねー」…って、やる気ないでしょ?
な べ:そーっすねー…
もも子:(怒)……
な べ:あ、イヤ、ソースですよ、ソース!
    何か最近、七福カレーソースとか、古河で作られたよなー…とか、
    そういう話題なんかどーかなー…って、
    あ、つまり、グルメっすよ、グルメ!
    知っとこネットのホームページを見てくれてる人って、
    どーやら美味しいモノ、好きな人が多いみたいっすよ。

もも子:あら、そうなの?
な べ:そーですよぉ。だから話題も「美味しいモノ」にしてみても
    いいんじゃないっすか?…っていう提案ですよん♪

もも子:そっか…そう言えばそうね。
    私も美味しいモノ大好きなのに、あまりそこには触れてなかったワ。
    じゃあ、取材行きましょ、取材♪
    モチロン、食べながらの取材よ♪♪
    どこにしよっかなー(笑顔)♪♪♪

な べ:とりあえず怒られずに済んだな(ほっ)
    そうそう、ね、ハイ、行きましょう!


そんな流れで、「ランチレポート」をやる事になったのでした。
今回のお店は、もも子姉さんも気になっていたお店の一つ。
Cafe MaRe さん。
旧三和地区から加盟してくださったお店で、旧古河地区から距離があるからこそ、
「機会があったら調査したい!」と思っていたらしい。
そして今回のぼやきから始まった流れでの調査対象にアサインしたようだ。

・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・
※画像をクリックすると、拡大表示されます

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【もも子】
今日のランチは特別楽しみ〜
ちょっと遠いかな〜?・・・
なんて思いながら古河駅から出発。
125号線を東へ。
内山街道へ入り、新4号をくぐりぬけて最初の十字路を右に。
あらら・・・ちょっとここ淋しい感じの林道?
そこからまもなく パッ!と、視界が開けたところに
「Cafe MaRe」と描かれたプレートが目に入ってきた。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

【な べ】
確か、知っとこのCafe MaReさんのページの情報によると…
この辺かと…。
ちょっと、今の季節、木々も寒々しい感じがして少し淋しいかなぁ…
あ、あったあった♪


もも子となべ、お店の駐車場で合流。

・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・

【もも子】
お店の前のハーブの緑と大きなオリーブの木(熟した実がいっぱいついている)、クリスマスをイメージさせるようなおすすめメニューの可愛らしい看板など
何となくイイ感じ♪


【な べ】
へぇ〜…
何となく淋しい感じの場所かと思ったけど、進んだ先には、こんな素敵なお店が…。
いい意味で古河らしくないな♪

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・

早速、入ってみた

画像(119x180)・拡大画像(399x600)

【な べ】
おおっ!
女性の団体客が楽しそうに食事をしている…。
高い天井には深い茶色の木々が組み合い、
白い壁、大きな窓により広く明るく温かい雰囲気を作り出している。
第一印象は「素敵」。
女性が食事会に利用する気持ちもわかるなぁ〜
取材とはいえ、予約しておいて良かった。
タイミング悪かったら(満席で)食事出来なかったカモ。


【もも子】
予約席に案内され注文を。
『目の疲れや体の疲れにいいですよ!』と言って、
ハイビスカスの水が運ばれて来た。
(きれいな赤紫色で、食欲がそそられる〜)

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【な べ】
お♪普通ならお水が出されるトコロに、
ママさんの『疲れにいいですよ。』の説明と共に赤い水が…
ハイビスカスのお茶?
…で、席が南向きの窓際だったこともあり、陽の光に照らされ、その美しさが映える。

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

メニューに目を通す。
第一の関門「どれを食べるか悩む!(どーーーん!)」
うーむ…
で、姉さんと相談(笑)


【もも子】
ピザ窯があるお店だからピザとパスタ 2つ頼んで、半分ずつに。
…と、いう訳でメニューを見てみると、
どれもみんな食べたくなっちゃうようなメニューが・・・


【な べ】
やはり姉さんも悩んでいる様子(笑)


【もも子】
迷って迷って、

「しょう油こうじの和風ピザ」
と、
「ゆかりとささみの和風パスタ」

ドリンクは、

「今週のフレーバーティー(チョコレート)」
と、
「今週のハーブティー(カモミールブレンド)」

を注文

サラダ・スープ・副菜・ドリンク付きで1,200yen(税込み1,296yen)
期待しながら待っていると・・・

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

出てきました。
トレイに乗せられた
サラダ・スープ・副菜 
野菜の種類の多さと、マッシュルームまで入っていることと、ボリューム感たっぷりのサラダにはちょっと感動!

【な べ】
来ました、来ました♪
木のトレイに5つの器。
あー…なるほどぉ。「目で楽しむ(味わう)」ってヤツですなー
&「イロイロ楽しめる」感でワクワクしますね。
女性グループが楽しそうに食事していたのもわかります。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

…で、隣にコトンと置かれた
小さな引き出し棚の様なコレは??
塩とドレッシング!塩にはハーブ入り!!


【もも子】
ドレッシングに付いてきた
3種類のハーブ塩にも驚き・・・
「組み合わせによって、
 4通りのお味がお楽しみ頂けます」
と、お店の方から

つまり、使い方は、
●ドレッシングだけ
●ドレッシング+塩の組み合わせ
と、いう訳ね。(でも、塩だけという場合を入れるともっとだね!)


【な べ】
ほうほう。
サラダをいろんな味で楽しめるとの事。
面白い♪
せっかくなので、全ての味(ドレッシングとハーブ入り塩)を試す。
へぇ〜サラダに塩…っていうのも合う(美味しい)モンなのですねぇ〜。

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

これをかけると…(モグモグ)…ほう♪

…で、こっちをかけると…(モグモグ)…ふむ♪

と、実験?とも言える様な「試み」と言う名の食事を楽しむ。
サラダ一つでここまで楽しませてくれるとは
「やるな!」…と言ったトコロ(笑)

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【もも子】
可愛いかぼちゃの形のカップに入ったスープ
(小さめのダイスにカットされた野菜が控えめな存在感を発していて、塩気もほどほどといった具合)

副菜3種
ああ〜〜これはなんだったんだろう??
美味しかったのに、
聞いてくるの忘れた〜〜
3種類の副菜の中で一番気に入ったのは、
ニンジンとグレープフルーツ?のなます?かな〜?
フルーティーでまろやかで、おかわりがほしくなるほど。

これは、たぶんに女性の味覚がくすぐられた!と、いうところかな?
(ナベさん男だけど・・・)

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【な べ】
はい、男です!(笑)
このトレイにのせられた小さな料理たち、どれも繊細で優しい味でした。
決して「●●丼をガツガツかきこむ様に食べる」という世界にはない、女性らしい世界。
なので、実に新鮮な感覚…と言うより、
これが女性が楽しんでる(楽しめる)世界なんだなー…と学べました(笑)

◆しょう油こうじの和風ピザ
 
画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【もも子】
ちょっと小ぶりだけど厚みがある。
生地だけ摘まんで口に入れてみると、
感じる感じる、しょう油と麹の独特の香り。
中にはレンコンとエリンギが入っていて、
シャキシャキ感とコリコリ感が味わえて、
チーズも濃厚!
初めての味に、ウンウン首を縦に振りながら「うまい!納得!」


【な べ】
「しょう油こうじ」にまず馴染みがないので、
一口目から、そこに意識をフォーカス。
んーー♪ なーるほどーーーーー。
食べた時にチーズや生地の食感や味と共に口に広がる「発酵」を感じさせる味。
それがさりげなく…というか、表に出過ぎない「隠し味」的なポジションで
裏方から美味しさを支えている感じ。とでも言おうか…。
具やトッピングといったものが見えないシンプルなピザがゆえに、
その「しょう油こうじ」をも楽しめる。
これも繊細だ!

◆ゆかりとささみの和風パスタ

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【もも子】
真っ白なすり鉢状の深い器に品よく盛り付けられたパスタ。
全体にまぶされたゆかり。
てっぺんに梅干しのひとかけらが乗せられ、まさしく和風。
口に入れた途端にゆかりの風味が広がって爽やかな味わい。
ナベさん曰く、「梅干しは苦手だけど、この風味は好きだな」


【な べ】
そーなんす、オレ、梅干しダメなんすーーー。
けど、こうして全体の味としてまとめられているからこそ
梅干しの酸味が活かされ、食べる事ができました。
それ単体ではダメでも、
「長所を活かすという事を料理に応用するとこうなる」
という事を食べる立場から感じさせてくれる一品。
口に広がるゆかりの風味の加減も繊細♪

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【もも子】
◆今週のフレーバーティー(チョコレート)
見た目もチョコレート色
ほのかに感じるチョコレートの香り
あ〜ぁ、優しさと癒しを感じる〜

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

【な べ】
◆今週のハーブティー(カモミールブレンド)
こういうお店だからこそ、ドリンクの選択肢に入っているハーブティ。
ということで、頼んだカモミールブレンド。
香りの個性を楽しみつつ癒される感も。
食事が済んで最後に「美味しかった」と言いながら飲んでいると、
自然と「ふう…」と満足感が口からこぼれます。

【もも子】
最後に、何と頼んでないものが・・・
真っ白なプレートにチョコレートで描かれたメッセージと、
蜜入りリンゴには感激でした〜

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

ふう〜ご馳走様でした。m(・・)m

【な べ】
最後のチョット嬉しいサプライズ。最後まで楽しませてくれます。


・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・

画像(119x180)・拡大画像(399x600)

【もも子】
「本日満席」の看板の通り、いつの間にか
20席のテーブル席、カウンター席は
満席となっていました。
そういえば、今回の食事の件で電話をかけてみた時に、
「いつといつは貸切です。では、この日に」
という事で予約を入れておいたので良かった〜

お店の方からは、
「せっかくお出で頂いても満席という事もございます。」
「予約店ではありませんが、ご予約を頂いた方が宜しいかと思います。」
「お客様のお時間を大切にしております。」
という心遣いが込められていました


・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・

【もも子】
お好みのハーブが見つかる
お店に入ってすぐのところには、たくさんのハーブが並んでいて〜ヨリドリミドリ〜

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

店内はクリスマスムード
クリスマスリースや小さなクリスマスのマスコットがあちこちに。

解放感〜
天井が高く、文学館を思わせるような解放的な印象

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

レトロなオブジェが
イイ感じに混在となって・・・

昭和の香り漂う振り子時計
1936年製造のタイプライター
電源のない氷をいれて使うタイプの昔の冷蔵庫(実際使っているとか)
真空管ラジオ

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

外に目を向けると、お店のスペースのすぐ前に外気を取り入れた(今は全面開放にはなっていませんでした)テーブル席。
ワンちゃん・猫ちゃんの食事もできるんです!

その先の庭には、テーブル ベンチ、そしてレトロな車。
な〜んだか一日中 の〜んびり過ごせちゃいそうな、癒し空間がありました。

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・

【な べ】
姉さんとの初のグルメ(ランチ)取材。
1軒目から素敵なお店だったワケですが、
そこには、料理の味、店の雰囲気などなど「女性が喜ぶ要素」が満載で、
「女性性」を五感で感じる事が出来る世界でした。
女性にとって居心地のいい店である証拠に、
2〜3人組の女性客が次々と店を訪れていました。
(満席で入れなかったお客様も)
そして、女性ならではの素敵な感覚でプロデュースされたお店では、
「食事をする」という言葉より「素敵な時間を過ごす」という言葉の方が
しっくり来る感じなのだなと学ばせてもらえました。
初回にしてとても有意義な取材の時間でした。

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

【もも子】
始めはちょっと遠いかな〜?
なんて思いながら車を走らせてきたけれど
全然、気にならない距離
また行きたくなっちゃうお店でした〜〜



今回取材させていただいた Cafe MaRe さんの
知っとこネットのページはこちら


  パーマリンク

プロフィール

ナベさん

知っとこクチコミ探偵団

探偵部長

ナベさん

年齢 :36才
住所 :古河市在住
血液型:O型
昼はクチコミ情報局、夜は飲食店を経営する。ガンダムオタクで、その系の話題になると夢中で話し始めるが、気がつくと誰も聞いていない。きつーく眼を飛ばすもも子だけが見ていた・・・(汗)

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近のコメント

知っとこお店さがし

Copyright (C) 2007 Yukihana All rights reserved.