杉本納豆店(杉本 浩一 さん)

▶︎インタビュートップページに戻る  ▶︎知っとこネット古河トップページに戻る


interview_go_b.gif杉本納豆店
住所:古河市横山町1-8-3  電話:0280-22-6382  FAX:0280-22-1301
営業時間:7:00 〜 18:00
●お問い合わせ

 

–ご商売について簡単に教えてください。

sgm03shop.jpg
 納豆の製造から販売までを行っており、
僕の代で4代目になります。

 

 

 

 

 

 

 

–ご商売へのこだわりや工夫は何ですか?

sgm13wara.jpg
「藁(ワラ)」を使い続けているところですね。
皆様にはもはや当たり前となっている白いスチロールの容器は、当店でも一部の商品で使っていますが、納豆とは本来ワラで豆をくるんで発酵させて作り上げるもの。
そういった、残した方が良い、残すべき形は商品として残しています。
確かにこのスチロールの容器は扱いが楽なんですけどね…。
でもやはり味気ないですよね。
このワラも、稲藁(いねわら)というもので、
昔は農家まで取りに行ったりしたんですよ。
今ではそういった状況も昔のままではないので、それなりに入手にも手間がかかるのですが、当店のこだわりとしてワラを使い続けています。
sgm12osusume.jpg

それと、大豆にもこだわった商品
※写真右:たわら納豆緑ラベル)もあります。
こんな時代ですから、国産にこだわった商品として作っています。

 

 

 

 

sgm11kakoh_mae.jpg

 

ちなみにいろいろと試行錯誤した結果、
北海道産の「鈴丸(すずまる)」という大豆に行き着きました。
国産大豆という事もあり、商品のお値段が¥150と少々高めですが、やはり違いますよ。
たまには納豆で贅沢してみてはいかがでしょうか?

 

 

 –ご商売の魅力とはなんですか?

sgm14stock.jpg
食べ物を扱っていますので、やはり「美味しい」と言われる事ですね。
時々パッケージに記載されている当店の電話番号に直接電話してきてくれて、「直接送ってくれ」と言ってくれるお客様もいらっしゃったりするので、励みになります。

 

 

 

 

 

–おすすめの商品やサービスについて教えて下さい。

sgm15daidu.jpg
先ほどもお話に出てきましたが、緑ラベルたわら納豆ですね。
北海道の国産大豆を使った納豆という事ですので、まさにおすすめです。
お値段が¥150と少々高めですが、美味しさと安全を楽しんでいただきたいですね。

また、あまり知られていない様なのですが、
古河市内で、うちの商品を扱ってくれているお店があるんですよ。
せっかくですのでここでお知らせさせてください。

 

・古河サティー(旭町)・・・たわら納豆オレンジラベル ¥100
・カスミ古河店(原町)・・・たわら納豆オレンジラベル ¥100
・大久保水産(東本町)・・・・・・たわら納豆ラベル ¥150
・スーパーおかやす(上辺見)・・・たわら納豆ラベル ¥150
・道の駅(北川辺)・・・・・・・・たわら納豆ラベル ¥150
・戸井乳業(株)
明治古河宅配センター(横山町)・たわら納豆緑ラベル ¥150
清水食品(本町)・・・・・・・・・・・・にがり納豆 ¥100

sgm16_g_and_r.jpg

 

もしくは当店へ直接お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

–夢や展望をお聞かせください。

sgm01kou.jpg
今の商品は父の代までに作られたものですので、今度はぜひ、自分の代の商品として
自分で商品を開発してみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

–趣味はなんですか?

オートバイです。6、7人の仲間と日帰りのツーリングを楽しんだりしています。
排気量が900ccと大きなバイクなので、ツーリングで朝早く出る時などは、
近所に気を遣って出発しています。音が大きいもので…。
あとは家族で買い物や映画に行くなどして過ごす時間を大切にしています。


momoko.gif
古河に住んでいらっしゃる方でも、古河に納豆を作っているお店がある…という事を知っている方は多くないかもしれません。
でもしっかりと4代続いている歴史のあるお店として街と一緒に歴史を重ねてきました。
納豆と言えば、日本の食卓を飾る定番の食べ物(おかず)の一つ。
それは同じ大豆を使った豆腐と同じく、スーパーなどに行けば多くの種類、売り場の一角が用意される程。
それほど親しまれてきた食べ物で、これからも親しまれ続けることでしょう。
だからゆえに、作っている場所、作っている人がわかる、街の納豆屋さんが作った納豆を楽しんでみるのはいかがでしょうか?
「●●なんてどこも(何でも)同じ」なんて言う時代は終わりました。
消費者である皆さんが商品に対してこだわりを持ち、楽しみ、自分らしい生活を送るというスタイルを持つ時代です。
その納豆には、他の納豆のメーカーにはない、「杉本納豆店の味」があります。


▶︎インタビュートップページに戻る  ▶︎知っとこネット古河トップページに戻る