(有)三嶋屋(渡辺 勇 さん)

▶︎インタビュートップページに戻る  ▶︎知っとこネット古河トップページに戻る


interview_go_b.gif(有)三嶋屋
住所:古河市本町1-3-2  電話:0280-32-0567  FAX:0280-33-0235
営業時間: 11:00〜21:00  定休日:木曜日

–ご商売について簡単に教えてください。

msm02shop_2.jpg
大正4年からの創業で、
そば・うどんの製造販売をしております。

 

 

 

 

–ご商売へのこだわりや工夫は何ですか?

msm03shop1f.jpg

先代(父)の教え「何事も真心で」を忘れずに、商売をしております。
昔から古河で商売をしておりますが、社会は「激変」と言える程、様変わりをしてきました。
長い時間、私の目で古河の商売の歴史を見守ってきましたが、今と昔の大きな違いとして、「心の通い」というキーワードがあります。
昔は今よりも商店と商店、商店とお客様同士に心の通いが感じられました。
今は残念な事にそれが少し変わりつつある気もしています。
そこには商売の大切な部分があると考えているので、その心がけを忘れずに頑張っております。

 

 

 

–ご商売の魅力とはなんですか?

msm05shop2f_2.jpg
毎日同じ事(仕事)のできる喜びです。
例えば病気になった時、いかに健康で普通の生活が送れる事がありがたい事か…と感じる様に、意識しないと毎日同じ仕事をして過ごせる事のありがたみを感じにくくなってしまいます。
私はそう毎日を過ごせる事に喜びを感じていまし、それが喜ぶべき事だと考えているのです。
そういう意味でも今の自分の仕事が好きですし、仕事は楽しいと感じています。ですから、人生で何かに迷った時は「原点」に戻り、見失いがちな大切な足下を見直す様にしています。

 

–おすすめの商品やサービスについて教えて下さい。

msm10men.jpg
古河特産のスパイスを使い、地元の野菜七種類を使った
「古河の七福カレー麺」850円です。
古河の町おこしの一つとして立ち上げられた企画でもあるのですが、ようやく最近になって、地元古河のお客様がカレー麺を食べに来てくれる様になってきました。
このまま古河の人達が広めてくれるのを手伝ってくれるといいなと思っています。

また、当店独自のポイントカードも発行しておりますのでぜひお楽しみ下さい。

–夢や展望をお聞かせください。

msm07toro.jpg
将来の事をお話するのに一つ残念なの事が、現在、後継者がいないという事です。
ですのでこの場もお借りして「後継者募集中」という事をお伝えさせて頂きますので、古河のこの場所でそば屋を営んでみたい方がいらっしゃいましたら、声をおかけ下さい。

 

 

msm04shop2f_1.jpg

 

それとは別に古河で商売をされている方同士で、
何かできる事はないかと、いろいろ企画を考えているところでもあります。
その際は、知っとこネット等も利用し、お伝えしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

–趣味はなんですか?

ゴルフと釣りです。
ゴルフは健康の為の運動という意味もありますし、
やはり天気のいい日に楽しめると気持ちもリフレッシュできます。
釣りは昔からやっているのですが、最近は時間がとれずしばらく行っておりません。

msm01mast.jpg
釣りは、余計な事は一切考えず、釣りだけに没頭する事も良さであり、それもまたリフレッシュにつながります。

 

 

msm06shop_1.jpg


 

 

 

 

momoko.gif

今回取材を行った時、2階の客席でお話をさせていただきました。
2階はお店を建てる際、ご主人が遊び心にこだわってデザインを依頼しただけあって、とても楽しい雰囲気に満ちています。
その雰囲気はとても古河にいるとは思えない程。
お昼はあまり時間がとれない人が多いので、なかなか2階の席を利用してくださるお客様が少ないとの事。なんとももったいない気がします。
そのお店のデザインにも現れている様に、ご主人の商売に対する考え方なども非常に柔軟でインタビュー以外のお話でもとてもいいお話を聞かせていただきました。
カレー麺を新メニューとして考案した際も、積極的に女性スタッフの意見を取り入れ、うどんらしからぬ器を使ってみたり、食べる時にカレーの汁が飛び、服を汚さないようにと、「前掛け」を一緒に出したり、楽しさのプロデュースにも前向きなご主人でした。


▶︎インタビュートップページに戻る  ▶︎知っとこネット古河トップページに戻る