清風 和(なごみ)渡辺真治さん


清風 和(なごみ)
住所:古河市横山町1-4-9  電話:0280-22-0125  FAX:0280-22-4141
営業時間:17:00〜23:00  定休日:日曜日

ホームページ
お問い合わせ

 


─「清風 和」さんはどんなお店ですか?


城下町のなごりが残る路地沿いにある隠れ家的なお店です。
もともと料亭だったお店の大広間を改築し、ちょっと変わった「お座敷カウンター」で和食をメインとしたお食事とお酒が楽しめます。 料亭と聞くと格式の高いイメージがありますが、当店ではどんなお客様にも楽しんで頂けるよう「美味しいものをリーズナブルなお値段で」をモットーにしています。

 

─ご商売に対しては、どんなこだわりをお持ちでしょうか?



  先述のとおりもともと料亭でしたので、和食メインのメニューですが、多くのお客様に楽しんでいただけるよう洋風のメニューもご用意いたしております。お酒も古河で造られた「古河の生一本(きいっぽん)」をはじめとする各地の日本酒や焼酎、ワインなどもお楽しみ頂けるよう取り揃えております。 また、お客様にゆったりと時間を過ごしていただけるような雰囲気づくりを心掛けております。

 

─この商売の魅力とは何ですか?

味をほめていただける事はもちろん嬉しいのですが、お客様から「雰囲気がいい」など当店で過ごした時間が楽しかったとお言葉をいただけた時に、この仕事の魅力を感じます。

─清風 和」さんおすすめの商品を教えてください。

てまひまかけてお作りする料理は、すべて当店おすすめ商品です。自家製ポン酢を使った「牛のタタキ」「タコポン」「めかぶ」は人気メニューです。同じく自家製のおしんこも好評です。また、洋風メニューの「グラタン」や「アスパラと小エビの炒めもの」は女性に大人気のメニューです。全てのメニューにおいて「当店だから楽しめる味」を目指しております。

 

─今後の夢や展望を教えてください。

「じゃあ、清風 和に行こうか」と、お客様の心に残るお店を目指しております。 また、地元商店の皆さんとのネットワークを大切にし、商売を続けていくことで古河市の活性化に貢献できるようなお店にしていきたいと考えております。



今回インタビューさせていただいた渡辺さんは、もともとサラリーマンだったそうです。今では、ご家族の皆さんとともに、お客様を第一に考えたお店づくりに日々奮闘しているそうです。また、サラリーマン時代の経験を活かして、お店のメニューやホームページの制作もされています。
その他にも楽器演奏や模型制作、映画鑑賞にスノーボードなど様々な趣味をお持ちでした。最近はトランプマジックにはまっているそうで、お客様に披露できるよう毎日練習をかかさないとか。色々な趣味から仕事で活きるヒントを得ることが多いとおっしゃっておりました。
というわけで、今回の「知っとこインタビュー」は、仕事もプライベートも全力投球、「清風 和」の 渡辺 真治さんでした〜。
●お勧め商品

 自家製ポン酢使用「牛のタタキ」
800円
 自家製ポン酢使用「タコポン」
600円
 女性に大人気
「アスパラと子エビの炒め物」
600円

[map:古河市横山町1-4-9]